女性のための育毛剤を使えば悩みが吹き飛ぶ

早期治療が鍵

メンズ

発症する原因と治療

男性の薄毛の原因のほとんどがagaと呼ばれる男性型脱毛症と考えられています。このagaは日本人のケースでは20代後半から30代で発症し、そのまま放置をすればその症状はドンドンと進行していきます。このagaの大きな原因がDHTと呼ばれる男性ホルモンです。このDHTは男性ホルモンの中でも強力と言われ、DHTが頭皮に増えることで髪の毛の成長を妨げてしまい薄毛となります。通常の髪の毛の成長期は2〜6年ですが、このagaになってしまうと髪の毛の成長期が1年未満となってしまい、通常のサイクルよりも髪の毛が抜けやすいことで薄毛となってしまうのです。このDHTは遺伝性の要素が高いと考えられています。そのため、遺伝的にagaになりやすい人もいればそうでない人もいます。埼玉のクリニックでは、遺伝子検査をしてagaになりやすいかをチェックしてくれるところもあり、症状が出る前からの治療も可能ということです。この遺伝の要素のほかにも、ストレスや生活習慣も関係しています。ストレスを受けると血管が収縮し血流が悪化します。この血流が悪化することにより、髪の毛に必要な栄養が届けにくくなります。また睡眠不足や栄養バランスの悪い食事も薄毛の原因となります。埼玉のクリニックの中には、aga専門のクリニックなどもあり、効果的な治療をすることができます。遺伝的にDHTの影響を受けやすい人でも、このDHTを作りにくくする薬などもあります。aga治療は年齢が若い人ほどその効果も発揮しやすいです。埼玉のクリニックなら遺伝子検査も可能です。埼玉にお住いの方は、利用しやすいクリニックを利用して早めのaga治療や対策をすることをおすすめします。